2014年02月18日

先入観

 世間は、○村河内氏のゴーストライター問題でかまびすしい。実は、このブログでずっと前に○村河内氏の曲について書こうと何回かチャレンジしていた。NHKや民放でドキュメンタリー番組が放送される前のことだ。でも、記事にできなかった。自分の考えがまとまらず、なんとも収まりがつかなかったからだ。(現在も。)

 私が彼を知ったのは、吉松さんのブログで取り上げられていたからだ。その際に忘れられない文章があり、それがずっと今も心に引っかかり、解けない紐のように渦を巻いている。吉松氏は、彼の自伝的著書(これもかなり嘘まみれのようだが、それはともかく。)を読んで「もはや彼の曲を先入観(障がいや苦難の連続の人生であったこと)無しで聴くことはできない」と書かれたのだ。そのことについて是非をいうつもりはない(逆に考えさせられたことで感謝したい)が、「音楽を先入観無しで聴くことは出来ないのか?」「音楽はあるがままで聴くものではないのか?」などとわからなくなってきた。

 その「先入観」とは、何なのだ?「先入観」は「知識」なのか?あっていいものなのか?なくていいものなのか?例えば自分を例に取ると、ベートーヴェンの第9を指揮したベートーヴェンは耳が聞こえなかったと思って聞くと確かに「凄さ」を感じる。また、ある曲で「ベルリンフィル」が演奏したと聞くと、素晴らしいように思える。ある曲は苦難を乗り越えた人が書いていると聞くと、その大変さを思いやって涙が出そうになる。。。など枚挙にいとまがない。自分はこの「先入観」だかに振り回されやすいのだろうと思う。だからこそ、「音楽をあるがままに聴く力が欲しい」と思ってしまうのだと思う。この問題が噴出し、現代音楽の作曲家さんやいろいろな方がそれについて文章を書かれているのを読んだ。読んでもやっぱりまとまらない。。。まだまだ考え続けなくてはならないのだと思う。

 *ちなみにその○村河内氏(○垣氏)の「交響曲第1番」のCDは結構早い段階で買って聴いた。印象は「マーラーとかそういうののかなりわかりやすい版、映画音楽みたい」というものだったが、きれいだと思った。絶対音感だけでこれを作ったのはすごいな、と本当に思った。(これを世間がだまされた、と思う部分なのかもしれない)今後を考えるとお蔵入りの音源となるので、ある意味貴重、なのかな?いや、フツーに聴きやすい音楽だと思う。


posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 21:38| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

10月

 台風の被害が毎週のように続いていて、被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。ここ数年天候が極端に推移している感じがするのは年のせい?9月にとても寒い時期があって、10月に入ったらまた猛暑と台風。穏やかで良い天気〜、と思う時期が少ない気がする。

 でも、この自分の感覚はあてにならないのかもと思う。それは今日、同僚と「日が短くなりましたね〜〜」(18時にはもう真っ暗だったので。)と話したのだが、多分去年も、もうこの時期は同じように暗かったはずなのだ。でもそのことは忘れて、生まれて初めて気がついたように「日が短くなりましたね〜。ほんと、もう冬が近いんですね〜」などと新鮮に話しているのだ。だからもしかしたら、この台風も猛暑もただ単に例年のことを忘れているだけなのかも!?などと、だんだん自分に自信が無くなってくる・・・。

 さて、今月下旬には広島県福山市で中高の全国大会。聴きに行けそうでうれしい。リーデンローズは良いホールと聞いているのでそれも楽しみ。島根からは現在高速道路が尾道に向かって延びてきていて、2014年には全線開通らしい。途中だけまだ一般道だが、来年だったら高速で3時間以内に着くことができたと思う。

 その一ヶ月後には一般の全国大会。室内合唱部門は11団体の出場で、曲も人数もさまざまのよう。「室内楽」ではなく、「室内合唱」であるから、多様な合唱があるのだと思う。楽器の「室内合奏」だと、バロックからマーラーまでレパートリーにしている団もある。今回、歌えるソリストを集めて「重唱」のようにされるところもあるだろうし、うちのようにロマン派を少人数で合唱するところもあると思う。ルネサンスから現代までいろいろな合唱があるので聴く方は面白いのではと思う。

 さて、ゾリHPの復旧も無事終わった。レイアウトを大幅に変え、開設12年目にして初のモデルチェンジとなった。その中で、演奏会やコンクールで歌ってきた曲目を見直すと、結構いろいろな曲を歌っていることがわかった。でもやはりその中で最多登場作曲家はモンテヴェルディ。その次がヴィクトリア、三善晃、信長貴富、ブラームス、てな感じになった。自分の趣味とはいえ、改めて見ると感慨深い。歌ってるから得意、というわけではないのが悲しいが、ただ、違う曲を歌ってもその作曲家の様式感、個性みたいなものを感じ取っているようには思う。歌うたびにメンバーは違うのだが、もしかしたらそれが団の歴史、なのかもしれない。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 21:08| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

スポーツは見るだけ

 スポーツを見るのが好きだ。自分でするのはとても苦手。あまりの体力の無さに最近たまにジムに行くが、サボり気味・・・。その分、見るのは楽しい。この前からオリンピック最終予選のバレーはほとんど見たし、昨日はサッカーのヨルダン戦。国際試合だと、すんなり日本に思い入れができて余計におもしろく見られる。昨日のヨルダン戦では日本が終始リードを保ち若干エキサイティングさには欠けたが、こういうサッカーの試合は珍しかったのでは。

 昨年度は初めてbjリーグのプロバスケットのスサノオマジックの試合を2回見に行ったが、これも面白かった。応援するほうがはっきりしているっていうのはとても楽しい。応援をする人をブースターということを初めて知ったり、1000人以上の人が応援に来たりと、新たな世界を見せてもらった。生のダンクシュートは興奮したな・・・。

 最近知ったのだけど、今年のNコンの中学校の課題曲「fight!」には「勝ち負けだってほんとは大事なことなんだね」っていう歌詞がある。この歌詞に若干違和感を感じないわけではないが、実際勝ち負けがあるからモチベーションが上がるっていうのは真理だと思う。ただ、きっと「プロセス」が大事なのだ。運も味方にすべきだが、それだけではなく勝つために自分の持てる知力体力精神力を全力で注ぎ込み、勝負することに意味があると思う。今からゾリステンもコンクールシーズンだが、出るからには勝負なんだろう。音楽を競うことにいろいろ考え方はあると思うが、自分としてはともかく全身全霊で良い音楽を創りあげるだけだ。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 11:00| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

ゴールデンウィーク

 年度も替わり、一段落。
 先日3月には島根県合唱連盟50周年記念演奏会があった。加盟団体のそれぞれのカテゴリーに合わせた合同演奏が繰り広げられたが、それぞれに当日合わせとは思えないほど(事前練習をされた部門もあったが)、素晴らしい演奏になったと思う。指揮者の顔ぶれも全国レベルで、そうそうたるメンバーだった。私も久しぶりに歌う機会となり、いろいろ考えさせられた。(当日の演奏の模様はブレーンさんが制作の素晴らしいDVDとなりました。宣伝ですが、島根県合唱連盟に問い合わせると購入できます。)

 今年度はとにかく5月の演奏会。いつもより練習曲が少ないのに四苦八苦。女声はほぼコンスタントに出席してるが、男声がとにかく集まらない。仕事の転勤があった人もいて居住地域が100キロ以上遠方の人が増えた・・・。でもそんな中でも都合を付けて来てくれるのはとてもうれしい。まずは練習が楽しいことが本質であるので、そこを大事にせねば。

 演奏会では、タイトル後半に「歌の雅」とついている。クラシックの合唱分野の豊かで美しい世界を味わいたいという願いがこもっている。ルネサンスからバロック、ロマン派、現代までの教科書のようなあせあせ(飛び散る汗)プログラムになっているが、そういう西洋音楽の流れを少しでも感じていただけたらうれしい。日本の合唱団の多くは現代邦人曲をレパートリーにされているところが多く、それではない音楽を主に練習する当団のようなところは珍しいのかもしれない。(以前、異彩を放つと書かれた・・・)でも、私は「合唱」というものはクラシック音楽の一部だと思っているし、オーケストラがバッハやベートーヴェン、そして武満徹を演奏するように、合唱団も様々な様式の音楽を楽しむべきと思っている。

 今回京都バッハ合唱団さんをお迎えして、私たちのあんまり勉強していない、バロック音楽やロマン派の音楽を演奏してくださるということで、とても勉強になると思う。楽器もいらず、体一つですぐに一緒に演奏できる合唱のおもしろさも感じられると思う。(しかもオールアカペラ)

 本山先生の指揮を見せていただくのも初めて。とても意義深い演奏会となりそうでとても楽しみだ。ゾリステンもがんばらねば!

 しかも26日(土)の次の日27日(日)には本山先生と京都バッハ合唱団による課題曲G1を使った講習会が午前開かれ、午後は出雲支部の合唱団をモデル合唱団にして全日本の課題曲講習会も開かれる。(ビッグハート出雲・無料)なかなかすごい月末になりそう。ぜひぜひご来場ください。(やっぱし宣伝・・・わーい(嬉しい顔)
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 21:49| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

今年も終わり

 今年、2011年も終わりに近づいている。アメリカのテロと同じように、この2011年は人類の黒歴史の一ページになってしまったと思う。私は世界史が好きなのだが、今まで、歴史上の出来事についてその時代を生きていた人たちの何か一般的な感覚を推し量る、という側面を忘れていた様に思う。そして、自分が未来から見た「過去の人」であって、「昔の時代を生きた人」になる、ということも。今、私たちが甚大な放射能汚染の時代を生きることが決定したことで、未来の人から「あの時代の人たちは何考えてたんだろう」と思われるような時間を生きる、という、自分が歴史の中にいるという感覚。何をするにも放射能のことを考えないではいられない。東日本にいないからといって被害がないわけがない。お魚は日本の周りを巡っているし、空気は季節によって全世界を巡るのだ。どこにいても逃げ場なんて無い。

 「アルテスvol.1」という雑誌を読んでいる。「3.11と音楽」というテーマ。そこの記事には何も答えなんて無いけど、音楽に携わるものが感じる違和感、音楽に求められる「癒し」というものについてもいろいろな人の考えがあって、少し落ち着いた。

 これからもっと目を背けたくなるような事実も出てくると思う。そんな中、来年もまた音楽に携わる者は、世の中の人に対して何が出来るのか、考え続け、行動し続けるのだろう。でも、私は改めて何かすることも大事だが、有り難く淡々とした日常を大切に積み重ねたい。それが一生懸命生きること、世間がちょっと明るくなることにつながると思っている。来年は1月に珍しく歌うことになっているし、演奏会の計画もある。本当に有り難いことだと思う。

 そして、皆様、来年もどうぞよろしくお願いします。歌を聴いてくださる方に、そして、共に歌う仲間に感謝を捧げます。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 22:38| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

11月

 もう2ヶ月で今年も終わり。毎年毎年加速する毎日なのだが、来年のこともそろそろ考えなくてはならない。とはいってもなんだかコンクール疲れなのか、はたまた今は過渡期なのか?っていうくらい、メンバーの出席率もイマイチ。こういう状態で未来を描くのは至難の業。全体を牽引して行く身としては、悩ましいことこの上ない。少人数でもいい曲はたくさんあるのだが、いかんせん、やはり選ぶ範囲がかなり限定されてしまう。まぁ、また忙しい秋を乗り切り、集まっていけたらいいなと思う。団員も引き続き毎日募集中!

 明日はある学校の合唱コンクールの審査をすることになっている。たまたまそこの管理職から声がかかったのだが、子供たちの合唱を聴くことは楽しみ。「審査」は気が重いけど、何かわくわくしている。きっと一生懸命練習してるんだろうなぁ、とか、先生方も力が入ってるんだろうなぁとか、勝手に想像してニマニマしている。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 23:05| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

残暑

 暑い晴れ。といっても昨年ほどじゃない気もする。夜はだいぶん涼しくなってきていて、もう季節の変わり目を感じ始めている。

 今年の夏こそ、なんて毎年思うのだが、結局何も出来ない。ただ、今度の秋には仕事上ギターの方とのイベントが入ることがわかり(これが結構有名な方)、いそいそと職場に眠るギターさん達の弦換えから・・・。だいたい弦の上下?もわからない状態で始めてしまったので、何回もやり直すことになってしまった。この夏の仕事。

 ゾリステンの方は、演奏会が終わってからコンクールモードでとにかく練習。ルネサンスものにしたので、演奏する上での基礎基本が求められていると実感している。これをきっかけに今後他のジャンルの演奏をする上での基礎体力作りになるのではと感じている。しかも、曲が美しい。3〜400年という年月によって淘汰された楽曲というのはやはりパワーがある事をつくづく感じる。現代曲というのは玉石混淆、100年たって残ってるものがどれなのか見極めるのは難しい。その眼力もいるのだろうけど、逆に、玉石混淆だからこそ、その多様性を楽しむ面もあるわけで、それはそれでおもしろいと思う。

 ここ数年いろいろな曲をしていて、周りから何を選ぼうと毎年必ず「今年はそれなの!?」と言われ続けているあせあせ(飛び散る汗)が、今年はルネサンスの名曲。楽しんでその世界を構築したい。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 20:32| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

311後

 311、というらしい。もちろん大震災のこと。2011.3.11この日を忘れることはもう出来そうにない。1ヶ月以上たった今、日本中がまだ何か混乱しているような気分になる。ただ、この状況に「慣れた」ということはあるように思う。

 相変わらず、一月経ってもうちの周りには大きい電池は売れていないし、2リットルの水は売れてない。たばこも一時期コンビニからほとんどなくなって「一人一個まで」という張り紙があった。私の知り合いで家を新築中の人は給湯器の販売が9月以降と言われ、建物は出来るのに入居できないと聞いた。そういう何か「有事」な感じが徐々に何か心を苛んでいるのだろう。妙に涙もろい。第9を聴いても泣けるし、ラフマニノフのピアノコンチェルトを聴いても泣ける。過敏になっているようだ。

 さて、ゴールデンウィークは島根県では、コーラスワークショップinしまね が開催される。私は1月から役員となっていて仕事をさせてもらっているが、その実行委員会で聞いた話。CWSは全国規模の大会なので全国から受講者が集まるのだが、今回東北から受講される方の中に、申込用紙をがれきの中で見つけて申し込んでくださった方がいらっしゃるのだと。そういう話にもうっかり涙が出てしまう。しっかりおもてなしの心でお迎えしようと、心新たに思った。

 桜は今年も美しかったし、今は木蓮や菜の花、水仙が咲き始めて美しい。それはうれしいこと。ありがたいなぁと思う。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 23:30| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

元気

 今日は、誘われて「わさお」を見に行く。錦織良成監督作品とあって、予想に違わぬ癒しぶり。悪人の出ない映画、って珍しいんじゃないだろうか。とにかく、犬がかわいく、絵が美しい。青森の海と山、時々何言ってるのかわからなくなる東北弁(島根人が言うことではないけど、本当に!)。素朴な中学生やおじさん達。なにもかも暖かな雰囲気だった。だいたいに、子供と動物という涙腺を刺激する最大の組み合わせなのだ。うるうるしないわけがない。。。

 今も、あの青森の風景はあんな風なんだろうか。青森はあんまり被害がなかったのかどうかもよくわからない。わさおくん自体は実在の犬で今も元気らしいので(ブログによる)、一安心。

 映画の後、ゆめタウンの中を歩くと人がいっぱい!休みということもあるのだろうが、家族連れを中心にたくさんの人が歩いていた。それだけでなんだかほっとするのは、「日常」だからだと思う。3月11日を境に日本が全く変わってしまったような、そんな気がしているのだが、「日常」が取り戻せたような・・・。

 相変わらず懐中電灯や、サイズの大きい電池は売れていないし、被害の状況は明らかになるにつれてなおさらに絶句するような状況だ。誰もが多かれ少なかれ、何か楽しいことを慎まなくてはという気になっていないだろうか。でも誰もが下を向いていては始まらない。自分たちに出来ることをがんばってやらなくては。

 ネット上に流れてた言葉で印象的だったもの。○山千春さんの言葉らしい。

「金を持っているやつは金を出せ。近くに行って力を貸せるやつは力を出せ。その両方が出来ないやつは元気を出せ!」

 私に出来るのはささやかな義援金と、元気だけ。元気を出して生きていくのだ。ほんと、それしかできない。

 
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 00:17| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

お久しぶり

 今回の大災害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。
 
 安否不明者が10000人以上、原発の事故など、どうしていいのか自分のキャパを完全に越えているが、自分の出来ることをしていかなくてはと思う。それにしても、自分の災害対策の全くの無策にあきれた。家で地震があってもおそらく何も出来ないし、津波への対策なども全然わかっていないと思う。

 ブログを書こうと、いろいろ考えていたのに、このニュースでとても心が痛く書けそうにない。ただ現地の方の苦しみに比べたら何でもないこと。せめて義援金など出来ることをしよう。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 11:36| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

気になる映画

先日某サイトを見ていて知ったのだが、またTジョイ出雲でコンサート映画映画をするようだ。

1月15日からは「3大テノール 世紀の競演〜特別上映版」。うー、懐かしい!LD(!)持っていたと思う。このコンサートから3大テノールというビッグイベントが始まったはずだけど、3人の紳士的な振る舞いと、負けられない気迫のようなものが感じられて大変興味深かった。アンコールのO sole mioが楽しい。上映期間は今のTジョイHPからはわからないが、そんなに長くないはず。週末にでも行ってみようかと思う。

その後はワールドクラシック@シネマ2011による
・カルメン(ミラノ・スカラ座)」2011/3/5〜3/11
・ロメオとジュリエット (ロイヤル・バレエ)2011/4/9〜4/15

ここまで期間が決まっていて、その後、ばらの騎士(バーデン・バーデン祝祭劇場)、白鳥の湖 (ボリショイ・バレエ)、シモン・ボッカネグラ (ミラノ・スカラ座)などと続くようだ。

特にロメオとジュリエットは先日ETVでも放送されていた吉田都さんの最終公演。あることを忘れてて、途中から見たのだが、本当にすばらしかった。バレエってこんなこともできるんだと再認識した公演。ほかの全部を見落としても、これだけは見たい。ただ、期間が本当に仕事が忙しい時期なので、気合いを入れて見に行かねば。

それと、今年の冬どうしても動いているものが見たくて、見に行った「チェブラーシカ」。これももう一回みたい!ほんとに癒された。DVDもぬいぐるみも買ってしまった・・・あせあせ(飛び散る汗)
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 21:46| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。

 2011年はものすごい雪で山陰が全国ニュースで何回も放送されるという、かつてないような始まりとなった。自分自身は正月三が日実家から一歩も出なかったので、特に何の問題もなく、かえって親戚の子供が大雪で楽しく遊ぶのを楽しく見てたくらいで済んだのだが、ずっと停電だったり、雪のために被害を受けられた方もたくさんおられたようだ。お見舞い申し上げます。

 今年は、どんな年になるのやら。毎年毎年いつも同じような1年のような気がしてしまうのだが、団員も少しずつ変わっているし、自分自身も多分変化しているのだろう。曲の好みや、自分自身の音楽、目標・・・。それがいい方向なのかどうか、常に考えていかなくては。

 演奏会、コンクールなど、もう次のステージが私たちを待っている。今年は特に5月のコーラスワークショップが常にないイベント。楽しく、充実した活動がしたいと考える。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 23:20| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

ささやかな・・・

 ここ数ヶ月簡単なフィットネスに通い始めた。もちろん痩せるため、というのもあるのだけど、やっぱり肩こりとかそういうものを予防したくなったから。

 で、まぁぼちぼち通っているのだが、毎月初めには計測があり、体重やら各種サイズやら、筋肉量やら計られる。そうすると、毎月なんだかほんの少しずつ減っているのだ!今までのかなりの不健康な状態よりやっと普通に近づいているだけなのだが、やっぱりささやかな変化もうれしい。しかも減ってると、スタッフさんに拍手付きでほめられる。スタッフさんにとってはビジネスの一環としても、普段あんまりほめられる機会はないので、こういう日常と離れたところでほめられたりするのがとても新鮮で、なんだか「ほめられる効果」について考えてしまう。自分が多少なりともがんばってるからこそ、ちょっその賞賛がうれしいのだと思う。

 しかも同僚に「少し痩せたねー」といわれ、ニマニマ。ほんのちょっとずつ進歩してる、みたい。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 22:16| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

順番

 今日は、認知症についての研修会に行く。ここ数年で飛躍的に研究が進んでいるのだと思うが、知らなかった知識が多く、自分の無意識の恐怖感というのは無知から来ていることを痛感する。「知る」ことで心の余裕が生まれるとも感じた。

 この病気は脳が萎縮(→アルツハイマー)したり、血管に問題が起こるための脳の病気、ということだが、これは早期発見によって症状が緩和したりするらしい。回りの対応によってもまた進行を遅らせることが出来るとも。

 でも、やはり脳の細胞に関することであり、基本、治らない。
 自分がそうなったら、今の生活も、友達も、家族も、音楽も、忘れてしまうのだろうか。そう思うとやはり悲しい。でも、きっと避けがたいのだろう。その時どう生きているのだろう。

 それよりも、自分がお世話をする順番が先に来るはずだ。死を見つめる歌を考えながら、その順番、役割についても考え、深みにはまる。。。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 21:29| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

暑い

 本当に暑い。今日の新聞には「惨暑」と書いてあったくらい。こんなに暑いと、外に出ることが少し恐怖なほど。日焼けを気にするとかいう段階は過ぎていると思う。数年前クーラー無しで過ごしたこともあるのだが、今年は絶対に無理!でも、クーラーは体に悪いみたいなので、ドライをかけているのだが、実はこっちの方が電力を使うらしい・・・。
 もうそろそろクーラーを止める時間を長くしなくては。自分の暑さ耐性も相当低下している。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 20:54| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

電気製品

 実は今年の夏は若干心のゆとりがある。昨年は外に出る仕事があり、毎日ぐったりしていたが、今年はそれがない。自分を見つめ、内面の充実を図る時期なのだと思う。世のため人のために活動するためにも、まずは自分の中身を充実させたい。

 さて、テレビが変わったら、次はハードディスクレコーダーが気になりだした。なんと言ってもこれも1年経ったらテレビの録画ができなくなると言われてしまったのだ。どうしよう・・・。もったいないなぁ。
 それに、実はこれを打っているパソコンも気がついたら古くなっている。パックされているWord、Excelのバージョンはなんとさっき見たら2003だった!そりゃー、非力だよなぁ、等と思ってしまう。まぁでも、パソコンはまだまだがんばってもらわないと。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 23:07| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

地デジ

 以前、やっとブロードバンドが開通し、化石だった私のことを書いたのだが、今回はやっと地デジのテレビになった。全然困ってなかったし、まあ来年、などとずっとのんびりしてたのだが、先日買おう!と思ったきっかけがあった。

 7月になってふとテレビを見たら、上下に黒い線が。NHKも標準が地デジの横長映像になった、とニュースで見て知った。で、それからなんとなく見ていたら、アナログ放送なんだけど、地デジ用に左右の余ったところに花柄だったり、黒い模様だったりという画面が目立つようになった。つまり、自分が見ている画面は上下左右が少しずつカットされてる画面になったのだ。

 しかもアナログ者(こんな言い方ある?)のためにしょっちゅう「アナログ放送は2011年まで〜」っていう字幕が下の黒い部分に出てうっとおしい。エコポイントもまだ付くらしい、とわかり、先週衝動買い。今日設置、という運びになった。建物のアンテナ端子の関係でうまくいかない面もあったのだけど、まあやっと普通の人に。(^^;)BSもなぜかたくさん写りおもしろい。(期間限定?)見過ぎないようにしなくては。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 22:42| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

願い事?

 今日は七夕。
 願い事の日、、、らしいが、実は私の勤務する地域は1ヶ月遅れの七夕のため、8月が七夕なのだ。1ヶ月遅れ、というのは旧正月もあるので、そういうことは、ままあることなのだろうと思う。
 だが、私の実家のある町のほんの一部の地区は来週くらいに「お盆」があるのだ。1ヶ月早い!そういう風習は大事にしないといけないと思うなー。日本全国が統一されてる方がおかしいのだ。方言も同じ。

 それで、何を願いましょうか・・・?夜
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 23:34| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

風薫る5月

 年度も替わって、気分一新。
 ゾリステンも別れと出会いを経てメンバーが若干変わってきた。学校の部活ほど入れ替えが激しくない一般団体だけど、メンバーもやっぱり10年前とはほとんど変わっている。10年前からいるメンバーって何人いるんだろう?10人未満な事は確か。それが多いのか少ないのかはわからないが、一緒に人生を歩んできたのだなぁと感じる。それ以降に入ってきた団員とも、ずっと一緒に歌っていきたいなぁと思う。

 先日、ある先生のレッスンを見せていただく機会があって、また新たに合唱の良さや難しさを感じることが出来た。言葉を伝える事って難しいが、その先にはやはり「感動」があるのだと思った。「音」に「言葉」を乗せた「合唱」。まだまだやることがあるなぁ。
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 19:55| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

ブロードバンド

 ネット歴はかれこれ12,3年になるとおもうのだが、とうとう、ブロードバンドを導入した。この前までフレッツISDNに入っていたのだけど、それで何とかなってしまっていたため、ここ数年のブロードバンドの流れに乗れずにいた。次引っ越すときには、変えようとは思っていたが、初期費用とか工事とか聞くと面倒で・・・。確かに、最近動画や音楽を扱うサイトも増えたし、重いHPもあって、不便さは感じていた。

 それが、私が入っている集合住宅に導入が決まり、あっという間に手続きをして、工事は30分で済み、その日からブロードバンド生活に!

 巡回するブログに貼ってある動画とか、iTuneとかさくさく出来ることに感激。今までの時間はやっぱり無駄だったんだなぁと実感。まぁパソコン自体はそんなに力はないので、またこれはこれで不便を感じる日が来るのかもしれないけど、今は導入して良かった感じ。そういう私って、化石だったのかな??
posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 14:36| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。