2017年05月04日

合同練習終了

最近FBやツイッターなどもあって、こちらも更にご無沙汰。

先日は、カントライさんとの合同練習があった。中間地ということで三次のきりりというホールのリハーサル室。両団ともにほとんどの団員さんが出席していて、なかなか壮観だった。練習自体は、ある程度していってたので、かなりまとまりのいい感じになったと思う。ダブルコーラスはまだまだ。自分自身の課題はまだ克服できてない面もあるが、団員さんに助けられてなんとかできそうな気がしている。

カントライさんは、まだ創団3年目で、、、と謙遜されるが、ゾリステンが平成元年創団といっても別に何のことはないのでは、と思ってしまう。自分が平成10年から(驚きの年月だ!)振っているが、ただただ活動を続けているだけ。まぁ、「活動を続けられている」ということに何かがあるのかもしれない。うーん、振り返ってみると、無理にでもコンクールや年一回の演奏会、そしてお世話になった先生方とのご縁のジョイントコンサートやレッスン。自分の技量の無さに悲しくなることが多いので、本当は他の団や先生方にレッスンしてもらいたくない(超狭量。笑)。でも、そのおかげで大変勉強になるし、合唱の楽しさが味わえるし、ささやかではあるが前進しているのだと思う。団員さんは入れ替わりながらも、このマニアック(^^;)合唱団で楽しんでくれてると思う(多分)。島根県にはおそらくこんな選曲で歌う団は他にはほとんどない。その存在意義があると信じてまたがんばらねば。

まだまだ団員さんは募集中。一緒にクラシカルな合唱を楽しみたい人、お待ちしています!


posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 18:32| 島根 ☀| ゾリステン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。