2015年02月11日

立春も過ぎて

コンクールも終わり、昨シーズンが終わった。新しいシーズンも徐々に動き出している。

先日は松江市合唱の祭典に出演してきた。松江支部の団体や松江の合唱団体の参加によるもの。合唱部が休部だった高校が部員を集めて演奏されたりして、昨年より2団体参加が増えたらしい。とても素晴らしいことだと思った。ゾリステンは・・・、まぁ、今のところの演奏はできたなと思った。課題は山積。曲は、かなり声を豊かに響かせ、フレーズもかなり長くとることが要求されている。それが出来て曲の持つファンタジー、優しさ、愛が表現できるのだと思う。まだまだ発声やハーモニー感を磨いていきたいと思った。

今年は演奏会をまた予定している。相変わらずの「真面目」な?内容になりそうだが、様々なジャンルを楽しんでもらえたら嬉しい。以前私の選曲について「男気がある選曲」と言われたこともあるが、基準として外国語の曲と日本語の曲とバランス良く楽しんでいきたいのがまず第一にある。といっても日本語の曲は基本的に「戦後」のものであり、ジャンルとしては「現代音楽」であり、多声部が基本。その中で少人数でも楽しめる曲・充実した内容を持つ音楽を探すのはかなり難しい。それは外国語の流行の曲をほとんど出来ないということにもつながっている。。。

先日11月に行われた全国大会では、室内合唱の部の自由曲で一番スタイルの古い曲を歌ったのは私たちのメンデルスゾーンで、ほとんどの団体が「現代曲」を歌っていた。豊かに歌える人を集め、多声部の聴き映えをする曲を選ぶのがトレンドなのだなぁと改めて思ったが、それはゾリには難しいスタイル。また、私はクラシックの世界の隅っこにいたいという気持ちが大きい。「合唱畑」の中だけを見ていないで、自分たちの音楽が「クラシック音楽」ひいては「芸術」という分野に加われるような活動をしていけたら、と思っている。ま、やってることはそんなに高尚なものではないが、ただ、理念としては心の隅に持っていたい。。。

でも結局は、いつもどおり毎週の練習を地道に取り組んで、個々のスキルアップを目指し、自分たちが楽しみ、何か発信できるような音楽をしていくことを目指すだけ。さあ、今年も始まった!


posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 11:44| 島根 ☁| ゾリステン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。