2013年11月09日

全国大会前

 お陰様で、今年も全国大会に出演させていただけることになった。先日、福山市で行われた中学の全国大会に行ってきたが、そこに出場する団体のレベルの高さにびっくりしてきたが、自分たちはどうかなぁなどと変な不安も感じないではない。。。

 今年の自由曲のブラームスのモテットは「神よ、私に清い心を創造してください」という詩編51を歌詞に持つ美しい曲だ。この詩編51の表題は「ダビデの調べ。彼がバト・シェバと関係を持った後、預言者ナタンが彼のところに入って来たときに」であり、旧約聖書の中のある意味ヒーローであるダビデが、バト・シェバの夫を死地の激戦地に送り、彼女を妻とするという罪を犯した時に作られた詩。ダビデが、自分の罪を認め、悔い改めたいと神に許しを請うこの歌詞は広く共感をもって知られており、アレグリの「ミゼレーレ」も同じ詩編51を用いられているし、実は今年の課題曲G2もこの「憐れみたまえ」であると思われる(歌詞は直接の引用ではない)。

 この曲の発表当時のブラームスは、ウィーン・ジング・アカデミーという合唱団の指揮者に就任したが1シーズンで辞任など、芸術家としての困難な道を始めた頃で、ブラームスは、アカペラの合唱曲という当時としては現代的な形を当時の音楽需要もあり作曲したようだ。形式としてはとても古典的と感じてしまうが、その中にもブラームスらしい渋くて切ない音がちりばめられ、また第3部のカノンでは神の許しを得た時の高揚感、幸福感が目一杯に表現されているように感じ、自然に笑顔になるような楽しさにあふれている。私たちの自由曲の方は第2曲なのだけど、この「2つのモテット」の第1番もコラールから始まるとても素敵な曲。いつかチャレンジしたいと思う。

 あと2週間。練習回数はなんと今晩含めて2回!中高生との大きな違いはここにある。。。がんばりましょう。

 *文吾さんが新しいブログ「文吾のホワイトボード(http://bungo618.hatenablog.com/)」で当団を紹介してくださっています。この拙ブログも紹介してくださっているので、お返しにこちらからも紹介させていただきます。


posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 16:33| 島根 ☁| ゾリステン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。