2013年10月17日

10月

 台風の被害が毎週のように続いていて、被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。ここ数年天候が極端に推移している感じがするのは年のせい?9月にとても寒い時期があって、10月に入ったらまた猛暑と台風。穏やかで良い天気〜、と思う時期が少ない気がする。

 でも、この自分の感覚はあてにならないのかもと思う。それは今日、同僚と「日が短くなりましたね〜〜」(18時にはもう真っ暗だったので。)と話したのだが、多分去年も、もうこの時期は同じように暗かったはずなのだ。でもそのことは忘れて、生まれて初めて気がついたように「日が短くなりましたね〜。ほんと、もう冬が近いんですね〜」などと新鮮に話しているのだ。だからもしかしたら、この台風も猛暑もただ単に例年のことを忘れているだけなのかも!?などと、だんだん自分に自信が無くなってくる・・・。

 さて、今月下旬には広島県福山市で中高の全国大会。聴きに行けそうでうれしい。リーデンローズは良いホールと聞いているのでそれも楽しみ。島根からは現在高速道路が尾道に向かって延びてきていて、2014年には全線開通らしい。途中だけまだ一般道だが、来年だったら高速で3時間以内に着くことができたと思う。

 その一ヶ月後には一般の全国大会。室内合唱部門は11団体の出場で、曲も人数もさまざまのよう。「室内楽」ではなく、「室内合唱」であるから、多様な合唱があるのだと思う。楽器の「室内合奏」だと、バロックからマーラーまでレパートリーにしている団もある。今回、歌えるソリストを集めて「重唱」のようにされるところもあるだろうし、うちのようにロマン派を少人数で合唱するところもあると思う。ルネサンスから現代までいろいろな合唱があるので聴く方は面白いのではと思う。

 さて、ゾリHPの復旧も無事終わった。レイアウトを大幅に変え、開設12年目にして初のモデルチェンジとなった。その中で、演奏会やコンクールで歌ってきた曲目を見直すと、結構いろいろな曲を歌っていることがわかった。でもやはりその中で最多登場作曲家はモンテヴェルディ。その次がヴィクトリア、三善晃、信長貴富、ブラームス、てな感じになった。自分の趣味とはいえ、改めて見ると感慨深い。歌ってるから得意、というわけではないのが悲しいが、ただ、違う曲を歌ってもその作曲家の様式感、個性みたいなものを感じ取っているようには思う。歌うたびにメンバーは違うのだが、もしかしたらそれが団の歴史、なのかもしれない。


posted by ゾリステンアンサンブルHP管理人 at 21:08| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。